資生堂は海外事業をどう活性化したのか?

なぜ資生堂は海外へ舵を切れたのか。その謎を解くキーマンは、カーステン・フィッシャー氏である。ドイツ生まれのフィッシャー氏は現在、資生堂のグローバル事業担当最高執行責任者(COO)、資生堂アメリカズの最高経営責任者(CEO)を務めている。資生堂の取締役の中で唯一の外国人だ。

フィッシャー氏は「歴史を振り返ると、資生堂はもともとグローバルなビジョンを持った会社だった」と強調する。1872年、創業者の福原有信氏が日本初の民営洋風調剤薬局を創業。初代社長の福原信三氏(創業者の子息)はニューヨークのコロンビア大学を卒業し、後にパリに住んだ。

資生堂は1950~60年代に海外事業に乗り出している。ただ、日本の経済成長率が高かった時代は、国内で十分に利益を上げられたため、海外での事業活動は二の次になった。その流れが変わったのは、00年ごろだ。日本経済が低迷し始めると、資生堂は海外事業の再活性化を目指すようになった。

女性社員のためのカンガルーム

化粧品は半導体チップなどとは異なり、国によって肌の色も好みも使い方も違うため、各地のニーズに合わせる必要がある。そのために不可欠だったのが、組織改革だ。

「いかにして多様性を受け入れ、国際的なマネジメントを経営トップ層にまで浸透させるか。それを問い続けなければならない」とフィッシャー氏は言う。

すでに資生堂の取締役の半分は、自社出身者以外が占めている。毎年開催する戦略会議には、世界中から約250名のトップマネジャーが参加する。06年には参加者に占める外国人の比率は25%だったが、12年には50%まで上昇。マネジャーのほとんどは海外に本拠を置いている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT