新国立競技場は、隈研吾氏のデザインに決定

2020年東京五輪のメーンスタジアムに

 12月22日、日本政府は2020年東京五輪のメーンスタジアムとして使用される新国立競技場のデザインを発表し、建築家の隈研吾氏(右)が手掛け、大成建設が率いるグループの案が採用された(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 22日 ロイター] - 日本政府は22日、2020年東京五輪のメーンスタジアムとして使用される新国立競技場のデザインを発表し、建築家の隈研吾氏が手掛け、大成建設が率いるグループの案が採用された。

隈氏は伝統的な日本のスタイルにモダンな要素を組み合わせることで知られ、採用された案も木やひさしが盛り込まれている。総工費は1490億円で、7月に撤回されたザハ氏案の2520億円を大きく下回る。安倍総理はベーシックなコンセプト、工期、費用などの条件を満たしていることが選出の理由になったと説明した。

完成予定は2019年11月。収容人数は6万8000人の予定で、サッカーのワールドカップなどのイベントを行う場合は最大8万人に増やすことが可能となる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。