摩耗知らず!「30年着られる」服が丈夫すぎる

ファストファッションに真正面から対抗

画像をクリックすると動画(英文)ページにジャンプします

ある英国人起業家が、30年間着られるトレーナーを売り出すことで、彼自身が「世界的なファストファッション浪費という恥ずべき行為」と呼ぶ事態に真正面から勝負を挑んでいる。

現代のクリスマスは、過剰消費と浪費の時期である。最も不快な出来事の1つは、善意ある親戚が買ってくれる安くて親しみやすいクリスマスプレゼントが袖も通されないままタンスにしまわれて、12カ月後別のものと置き換えられることである。

縮みを防ぐ独自のシリコン処方

英国人起業家のトム・クリードランドは、この事態を変えたいと考えている。彼は30年着られるトレーナーを作ることによって、これからは品質の悪いセーターを買う必要がなくなる、と話す。

「このトレーナーは、オーガニックコットンと若干のポリエステルを使って作られている。この素材は華やかな感じはしないが、機能的かつ動きやすいうえ、快適に過ごせる。また、このコットンはとても丈夫で非常に重く、1メートルあたり360グラムもある」(クリードランド氏)。

ポルトガルの職人から成る彼のチームは、伝統的な編み方である吊り編みを採用しつつ、縮みを防ぐ独自のシリコン処理を同時に行っている。

次ページ「30年着られる服」の利点とは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT