摩耗知らず!「30年着られる」服が丈夫すぎる

ファストファッションに真正面から対抗

「技術的な話をすると、1970年代には素材が縮むことや、毛玉ができることを防げなかったが、私たちが開発した独自のシリコン処理を施すことによってどちらも防げるようになった」と、クリードランド氏は話す。

クリードランド氏が開発したトレーナーは、消費者が安く低品質の服を購入した結果、数カ月後には買い換える羽目になるファストファッション浪費に取って代わるものになると、同氏は考えている。

環境に優しいトレーナー

トレーナーの価格は55ポンド。クリードランド氏は消費者にタンスの中身を定期的に新しくする必要はないと訴えたいと考えている。もし、トレーナーが今後30年のうちに縮んだり、型崩れすることがあれば、トレーナーの交換にも応じるとしている。

「私たちがこのトレーナーを30年保証しているという事実は、この製品が非常によく出来ているというだけでなく、天然資源の無駄使いにもならないということを意味しており、環境にも優しい製品だと言える。仮に私が将来的にもっと流行に合わせた服をデザインしたときに、流行後れになるので同じ服を30年も着られないという人が出てきた場合、その服を捨てずにオックスファム(支援団体)に寄付するように促す」(クリードランド氏)。
ちなみに同社は30年着られるTシャツも販売している。来年は、おばあちゃんたちに年に一度の無駄な買い物をさせないために、クリスマス用のセーターを発売するかもしれないという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。