コオロギの跳躍力はロボットに応用できる

体長の60倍の距離を飛び越える驚異の力

上の写真をクリックすると動画ページ(英語)にジャンプします

米ジョンズ・ホプキンス大学の研究者グループが、コオロギの一種であるカマドウマのジャンプの秘密を調べている。地震直後にがれきが散乱しているような起伏の多い状況下で、人命救助に活躍できる小型ロボットの開発につなげたい考えだ。

同大の機械科工学科のラジャット・ミッタル教授は、最大で体長の60倍の距離を飛び越えることができるコオロギの身体は「ある種、驚異的なエンジニアリングデザインだ」と絶賛。その跳躍のメカニズムを詳しく理解したいと語る。

複雑な地形の調査にジャンプは有効

ミッタル教授とそのアシスタントのエミリー・パルマー氏は、この昆虫の動作をスローモーションで解析すべく、毎秒約400フレームで撮影した。パルマー氏は「コオロギがジャンプしている間、その重心は胃と頭部、尾の部分にある」と解析の結果を説明する。

ミッタル教授は「コオロギはジャンプ開始直後に四肢をぱっと開き、空中でバランスを取ろうとし始める」と述べた上で、着地はバレリーナがそうするのと同じように制御され、安定していると語る。こうした運動の手法を活用すれば、ロボット工学にも大変革をもたらすことができるという。

教授はその一例として、「地震直後にがれきの間をぬって進むのはすごく時間がかかるが、飛び越えて生存者の捜索ができればどうだろうか。そういった複雑な地形の調査に、ジャンプは非常に効果的な方法だ」と語る。

ミッタル教授によれば、あと6〜8カ月研究を続ければ、彼のチームが次の段階へ進むのに十分なデータがそろう。この小さなコオロギの秘密を使って、人命救助機を作り出せる可能性があるのだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT