コオロギの跳躍力はロボットに応用できる

体長の60倍の距離を飛び越える驚異の力

上の写真をクリックすると動画ページ(英語)にジャンプします

米ジョンズ・ホプキンス大学の研究者グループが、コオロギの一種であるカマドウマのジャンプの秘密を調べている。地震直後にがれきが散乱しているような起伏の多い状況下で、人命救助に活躍できる小型ロボットの開発につなげたい考えだ。

同大の機械科工学科のラジャット・ミッタル教授は、最大で体長の60倍の距離を飛び越えることができるコオロギの身体は「ある種、驚異的なエンジニアリングデザインだ」と絶賛。その跳躍のメカニズムを詳しく理解したいと語る。

複雑な地形の調査にジャンプは有効

ミッタル教授とそのアシスタントのエミリー・パルマー氏は、この昆虫の動作をスローモーションで解析すべく、毎秒約400フレームで撮影した。パルマー氏は「コオロギがジャンプしている間、その重心は胃と頭部、尾の部分にある」と解析の結果を説明する。

ミッタル教授は「コオロギはジャンプ開始直後に四肢をぱっと開き、空中でバランスを取ろうとし始める」と述べた上で、着地はバレリーナがそうするのと同じように制御され、安定していると語る。こうした運動の手法を活用すれば、ロボット工学にも大変革をもたらすことができるという。

教授はその一例として、「地震直後にがれきの間をぬって進むのはすごく時間がかかるが、飛び越えて生存者の捜索ができればどうだろうか。そういった複雑な地形の調査に、ジャンプは非常に効果的な方法だ」と語る。

ミッタル教授によれば、あと6〜8カ月研究を続ければ、彼のチームが次の段階へ進むのに十分なデータがそろう。この小さなコオロギの秘密を使って、人命救助機を作り出せる可能性があるのだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。