人を乗せて飛ぶ「巨大ドローン」がついに登場

体重70キロまでなら5分間飛行可能

シンガポール国立大学(NUS)の学生が、誰もが宙に舞えるマシンを開発している。自前の大きなドローンで飛ぶという、常識外れにも見える野望が、じわじわと実現に近づいているのだ。

 NUSの学生8人のチームは1年をかけて「スノーストーム」 という名の飛行機を試作した。デモ飛行は同国の法律に従い、室内で行われた。

発案者であるNUS講師のイエルク・ワイグルは、空を飛びたいという人々の夢をスノーストームでかなえたいと語る。「ジェット旅客機に乗っても飛んでいる感覚は味わえないが、スノーストームは、飛んでいる感覚を取り戻せるマルチコプターだ」

スノーストームは乗り込んで操縦できるだけでなく、遠隔操作も可能だ。環境にも配慮しており、リチウム充電池3本は太陽光で充電する。最新の試作品の搭載可能重量は70キロで、約5分間飛べる。座席には5本のベルトが付いた安全装具が取り付けられており、操縦者をマシンの中心に固定する。

チームメンバーであるNUSの学生、ワン・ユーヤオは、スノーストームには改良の余地があると説明。 「安全装置の強化や性能安定に加え、操縦をさらに簡単にしなければならない。構造の安定化やパワー強化も課題ではあるが、もっと重い人を乗せても大丈夫なように、いつでもモーターを追加することは可能だ」という。   

 開発チームによると、このマシンは輸送手段としてよりも個人の娯楽向け。空想の産物などではなく、そう遠くない将来に商品化される可能性があるという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。