電動アシスト自転車が快走、子育て世代に浸透

電動モーターでペダルをこぐ力を補助する電動アシスト自転車の市場が広がっている。

電動アシスト自転車は1993年にヤマハ発動機が初めて製品化した。当初の購入者はシニア層が中心だったが、子育て世代などに拡大。健康や環境志向も追い風になり、この10年で市場が倍増した。2011年の国内出荷台数は約43万台と、低迷するオートバイ(約44.5万台)に肩を並べた。現在はヤマハ発動機とパナソニックの2強体制だ。

市場拡大のきっかけは、ほかにもある。1つは“電動アシスト力”が高まったこと。08年末に、人力:アシスト力=1:1から1:2に法改正され(時速10キロメートルまで)、発進時のスムーズな加速が可能になった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT