電動アシスト自転車が快走、子育て世代に浸透

電動モーターでペダルをこぐ力を補助する電動アシスト自転車の市場が広がっている。

電動アシスト自転車は1993年にヤマハ発動機が初めて製品化した。当初の購入者はシニア層が中心だったが、子育て世代などに拡大。健康や環境志向も追い風になり、この10年で市場が倍増した。2011年の国内出荷台数は約43万台と、低迷するオートバイ(約44.5万台)に肩を並べた。現在はヤマハ発動機とパナソニックの2強体制だ。

市場拡大のきっかけは、ほかにもある。1つは“電動アシスト力”が高まったこと。08年末に、人力:アシスト力=1:1から1:2に法改正され(時速10キロメートルまで)、発進時のスムーズな加速が可能になった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。