電動アシスト自転車が快走、子育て世代に浸透

電動モーターでペダルをこぐ力を補助する電動アシスト自転車の市場が広がっている。

電動アシスト自転車は1993年にヤマハ発動機が初めて製品化した。当初の購入者はシニア層が中心だったが、子育て世代などに拡大。健康や環境志向も追い風になり、この10年で市場が倍増した。2011年の国内出荷台数は約43万台と、低迷するオートバイ(約44.5万台)に肩を並べた。現在はヤマハ発動機とパナソニックの2強体制だ。

市場拡大のきっかけは、ほかにもある。1つは“電動アシスト力”が高まったこと。08年末に、人力:アシスト力=1:1から1:2に法改正され(時速10キロメートルまで)、発進時のスムーズな加速が可能になった。

人気記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。