電動アシスト自転車が快走、子育て世代に浸透

電動モーターでペダルをこぐ力を補助する電動アシスト自転車の市場が広がっている。

電動アシスト自転車は1993年にヤマハ発動機が初めて製品化した。当初の購入者はシニア層が中心だったが、子育て世代などに拡大。健康や環境志向も追い風になり、この10年で市場が倍増した。2011年の国内出荷台数は約43万台と、低迷するオートバイ(約44.5万台)に肩を並べた。現在はヤマハ発動機とパナソニックの2強体制だ。

市場拡大のきっかけは、ほかにもある。1つは“電動アシスト力”が高まったこと。08年末に、人力:アシスト力=1:1から1:2に法改正され(時速10キロメートルまで)、発進時のスムーズな加速が可能になった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT