電動アシスト自転車が快走、子育て世代に浸透


もう1つは、09年に3人乗り(幼児2人同乗用自転車)が解禁されたこと。これにより、子育て世代の需要がさらに増えた。バッテリー性能も向上した。現在の主流は小型・軽量化できるリチウムイオン電池。最大900回充電でき、1回の充電で40~50キロメートル走るモデルもある。

ヤマハ発動機の森本実・SPV事業部長は「購入者の約8割は新規顧客。今後も年3~5%の市場拡大が見込める」と語る。息の長いヒットとなりそうだ。

(並木厚憲 =週刊東洋経済2012年7月28日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。