「黄色い6000系電車」は、なぜ誕生したのか

西武鉄道「中の人」が明かす色へのこだわり

地下区間に初めて入った西武の黄色い電車

西武鉄道に「黄色い6000系電車」が走り始めたのは2015年4月18日のことだ。運行開始からちょうど8カ月が経過したことになる。

いまから40年以上前、1969年の101系登場から、西武鉄道の車両といえば「黄色い電車」であった。車体色が青色ベースに変わったのは1992年に登場した6000系からだ。今回の主役となる電車である。

地下鉄への直通対応車も

画像を拡大
通常の6000系(左)と「黄色い6000系電車」(右)

それ以降は西武鉄道のコーポレートカラーであるブルーとグリーンを入れた最新型の30000系、そして2017年春に登場予定の40000系と、その流れが続いている。

6000系は小竹向原駅で接続する東京メトロ有楽町線・副都心線へ乗り入れし、有楽町線は小竹向原~新木場駅間(小竹向原~和光市駅間も一部走行)、副都心線は小竹向原〜渋谷駅間、渋谷駅から先は東急東横線を経由し、みなとみらい線元町・中華街駅まで直通する、当社唯一の地下鉄直通対応車である。

「西武の電車が他社線内で走っているが、黄色くない。黄色い電車が他社線を走ったらどのような変化が現れるのだろうか」。こんなきっかけから「黄色い6000系電車」の企画は始まった。

次ページそもそもなぜ黄色なのか
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT