サッカーのスタイルは国柄を投影する?

なぜ欧州選手権準決勝でドイツは敗れたのか

 しかし、これは少しシニカルすぎよう。イタリアが敗れた後、アンドレア・ピルロとマリオ・バロテッリのほおを伝った涙は、筋金入りのプロのそれではなかった。彼らは、おカネやキャリアのためだけでなく、栄光のために勝ちたかったのだ。

ただコーン=ベンディットはまったく間違っているわけではない。今回の欧州選手権で気づいたことは、敵同士の選手たちが親しい仕事仲間のようだったことだ。彼らは互いに慰め合い、祝福し、旧友や同僚のように抱き合った。トップ選手の大半がスペイン、ドイツ、イングランド、イタリアの同じチームでプレーしている。こうした選手の多くは、国際ビジネスマンのような流暢さで数カ国語を話す。

現在、欧州のトップチームは多国籍化している。選手たちはおカネを追いかける。そしてトップチームはたまたま一番の金持ちでもある。最も気難しく、要求の多い一流選手の一部は、国の代表チームにいるときよりも多国籍チームにいるときのほうが摩擦を起こすことが少ない。

この話に教訓があるとすれば、こうである。共通の旗、言語、国の歴史は、共通の目標に向けて協調することに人々を向かわせる一助となりうる。だが、自己利益も助けになる。芸術であれ、科学であれ、サッカーであれ、最高水準の何かを達成するには、そのことのほうがより重要なのかもしれない。

(週刊東洋経済2012年7月21日号)

© Project Syndicate

photo:Laurence Griffiths (c)2012 Getty Images 
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT