コンプガチャ商法の禁止、あなたはどう思いますか--東洋経済1000人意識調査

コンプガチャ商法の禁止、あなたはどう思いますか--東洋経済1000人意識調査

成長著しいソーシャルゲーム業界に走った激震。消費者庁は、高額請求などが問題となったコンプリートガチャ商法を7月1日から景品表示法の規制対象とし、禁止に。これについて尋ねたところ、8割近い人が賛成との結果となった。

消費者庁が景品表示法違反にあたるとの判断を示した、ソーシャルゲームのコンプリートガチャ(コンプガチャ)商法が、7月1日より事実上禁止となります。消費者庁の対応について、あなたの考えに近いのはどれですか。


(編集部 撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済2012年7月14日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。