4代目プリウス、好発進を素直に喜べない事情

ほとんどが「走り」を試さずに買っている

もう一つ、新型プリウスが、トヨタが進める新しい自動車づくりのやり方「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA)」を取り入れた第1弾ということも走りにこだわる理由だ。幅広い車種で使われるTNGAの車の走りが悪ければ、この先長期間にわたってトヨタ車の走りはダメということになる。

幸いにも、新型プリウスは多くのモータージャーナリストらからの高い評価を受けている。自動車の運転に関しては素人同然の筆者でさえも、新旧の走りの違いは歴然と感じられた。

「今まで(のプリウス)は燃費がいいからこの程度の走りといった面があったが、(新型は)気持ちいい加速感でようやく普通の車になった」(加藤光久副社長)とトヨタもその出来映えに手応えを感じている。

「乗ってみなきゃ」「エロいな」に込めた意味

このトヨタの自信を端的に表すのが、新型プリウスのテレビCMだ。CMでは、国民的な人気歌手で俳優の福山雅治さんに「乗ってみなきゃわかんないけどね」、「けっこうエロいな」と言わせている。

「(新型プリウスの違いを実感してもらうため)お客様にまず乗っていただきたい。だから、福山さんに「乗ってみて」と言っていただいている。販売店には試乗コースを工夫して欲しいとお願いしている」と国内販売本部副本部長の佐藤康彦常務は説明する。

「エコ」ではなく、あえて「エロい」という言葉を使ったのも意図がある。「福山さんはCMの中で哲学者という設定。哲学的にエロスというのは官能的。走りやスタイルが官能的ということをキーワードで伝えた」と語る。

そこまでこだわったにもかかわらず、走りを確かめずに売れていく現実。「顧客はプリウスに走りを期待していないのかもしれない。少なくとも走りが認められたと喜ぶのは早い」と前述の販社社長は警鐘を鳴らす。

新型プリウスは年明け以降、米国を皮切りに海外でも発売される。その走りが本当に評価されるのか。判断を下すにはもう少し先になりそうだ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT