4代目プリウス、好発進を素直に喜べない事情

ほとんどが「走り」を試さずに買っている

もう一つ、新型プリウスが、トヨタが進める新しい自動車づくりのやり方「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA)」を取り入れた第1弾ということも走りにこだわる理由だ。幅広い車種で使われるTNGAの車の走りが悪ければ、この先長期間にわたってトヨタ車の走りはダメということになる。

幸いにも、新型プリウスは多くのモータージャーナリストらからの高い評価を受けている。自動車の運転に関しては素人同然の筆者でさえも、新旧の走りの違いは歴然と感じられた。

「今まで(のプリウス)は燃費がいいからこの程度の走りといった面があったが、(新型は)気持ちいい加速感でようやく普通の車になった」(加藤光久副社長)とトヨタもその出来映えに手応えを感じている。

「乗ってみなきゃ」「エロいな」に込めた意味

このトヨタの自信を端的に表すのが、新型プリウスのテレビCMだ。CMでは、国民的な人気歌手で俳優の福山雅治さんに「乗ってみなきゃわかんないけどね」、「けっこうエロいな」と言わせている。

「(新型プリウスの違いを実感してもらうため)お客様にまず乗っていただきたい。だから、福山さんに「乗ってみて」と言っていただいている。販売店には試乗コースを工夫して欲しいとお願いしている」と国内販売本部副本部長の佐藤康彦常務は説明する。

「エコ」ではなく、あえて「エロい」という言葉を使ったのも意図がある。「福山さんはCMの中で哲学者という設定。哲学的にエロスというのは官能的。走りやスタイルが官能的ということをキーワードで伝えた」と語る。

そこまでこだわったにもかかわらず、走りを確かめずに売れていく現実。「顧客はプリウスに走りを期待していないのかもしれない。少なくとも走りが認められたと喜ぶのは早い」と前述の販社社長は警鐘を鳴らす。

新型プリウスは年明け以降、米国を皮切りに海外でも発売される。その走りが本当に評価されるのか。判断を下すにはもう少し先になりそうだ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
クスリの大罪<br>製薬会社、医師、薬局…癒着の構図

薬の処方はどうやって決まるのか。「病状」だけだと思ったら大間違いだ。製薬マネーを介した癒着の構図を明らかにし、学会有力者への謝礼金リストを初公開。ムダな薬による深刻な健康被害にも言及。その薬、本当に必要ですか?