ブリヂストンが天然ゴムのゲノム解読に成功、安定調達に向け第一歩

ブリヂストンが天然ゴムのゲノム解読に成功、安定調達に向け第一歩

ブリヂストンは7月10日、タイヤの主原料の1つである天然ゴムの生産性向上に向けた2つの新しい技術を開発したと発表した。

一つが天然ゴム(パラゴムノキ)の病害診断技術。主な原産地であるインドネシアでは、パラゴムノキの根白腐病が問題になっており、被害額は年間生産量の約6%、年数百億円に上る。現在は罹病木かどうかの判断を目視で行っており、被害の拡大につながっている。ブリヂストンはNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の研究協力事業として、目視に変わる4つの診断方法を世界で初めて開発した。

もう一つがパラゴムノキのゲノム解読だ。国立遺伝学研究所などと共同で行い、6月に代表的品種のゲノムの全解読に成功した。今後は生育の早さや原液の採取量の多さなどにつながるゲノム情報を解読し、生産性の高い品種・個体の選抜につなげる。選抜した品種を栽培することで、従来の農園よりも25~50%の生産性向上が見込めるという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT