最高裁回想録 学者判事の七年半 藤田宙靖著 ~国民と共有する国会の一票の較差放置への怒り

最高裁回想録 学者判事の七年半 藤田宙靖著 ~国民と共有する国会の一票の較差放置への怒り

 

評者 中沢孝夫 福井県立大学地域経済研究所所長


 最高裁判所の元判事による、憲法判断を中心にした法理解、最高裁内部の事務手続きや人間関係などの日常の執務、さらに宮中行事、そして社宅や出張といった舞台裏が記された「回想録」である。むろん中心となるのは「判決」に絡む学者判事としての考え方である。

 

もとより裁判は「判決文」がすべてであり、それゆえかつては「判事は弁明せず」が“通説”であったと評者は思うが、近年は「説明責任を果たす」のほうが“有力説”になってきたようである。価値観は時代によって急速に、あるいは徐々に変化するが、最高裁の判断もまたそうであることが本書によってよくわかる。著者は「近時の最高裁判例の動向」について「我が国の社会・文化の状況、国民の法意識等々が変化するにつれ裁判官の『良識』にも変化が生じ」てきていることを指摘している。たとえば「一票の較差」(投票権の不平等)を長く放置している、国会(立法府)に対して著者は次のように「良識」を発揮している。

「(最高裁は)国会がこれを早急に是正する必要があるとのメッセージを発し続けている。にも拘らず問題の根本を理解し、然るべき行動を取らない国会の不作為に対して、いわば我慢に我慢を重ねている。Xデーが来るのは、恐らくは、選挙を無効としたときにもたらされる理論的実際的混乱につき、最高裁は一切の責任を負うことができず」「との判断に多数の裁判官が達したときであろう。そしてその日は、国会の現状がこのまま続く限り、さほど先のことではないかもしれない」

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。