問題のタカタ製部品、国交省が使用停止指示

負傷事故も起こしたインフレーター

12月4日、タカタ製エアバッグ問題で、国土交通省はタカタや国内自動車メーカーなどに対し、国内で異常破裂して負傷事故を起こしたインフレ―ターと呼ばれる部品の使用停止を指示すると発表した。都内のショールームで11月撮影(2015年 ロイター)

[東京 4日 ロイター] - タカタ製エアバッグ部品のリコール(回収・無償修理)問題で、国土交通省は4日、タカタや国内自動車メーカーなどに対し、国内でエアバッグが異常破裂し、負傷事故も起こしたインフレーター(ガス発生装置)と呼ばれる部品の使用を段階的に停止することを指示した。被害の拡大を防ぐのが狙い。

問題の部品は、エアバッグを膨らませる火薬原料に硝酸アンモニウムを使ったインフレーター2種類。国内では2011年9月以降、走行中や廃車解体中に異常破裂が14件発生。今年10月に起きた追突事故では、助手席に乗っていた女性がけがをした。国内初となる負傷事故を受けて、新型車への使用の即中止を指示。リコール対象が国内だけでも約1171万台に上り、交換用部品の供給が追い付かないため、生産中の車は来年6月中、交換用部品は来年12月中の使用停止を命じた。

タカタ製エアバッグ部品の欠陥問題をめぐっては、米国で死者7人、負傷者約130人が出ている。米当局は、高温多湿に弱く異常破裂を引き起こす恐れのある硝酸アンモニウムを使用したインフレーターの受注中止を強くタカタに要請し、同社はこれに合意した。また、特に乾燥剤が含まれていないインフレーターは異常破裂する可能性が高いとして、18年末までに生産を段階的に中止する。すでに国内の主要自動車メーカーは、米当局の指令を踏まえ、硝酸アンモニウムのインフレーターを使わない方針を打ち出している。

 

(白木真紀)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT