リーガロイヤル大阪が再開発を延期した裏側

森トラストとの提携を解消、頼みは幻の鉄道

財務が改善し環境が好転したことによって、今回、大阪本館の土地を270億円で買い戻すとしている。

ただし、ロイヤルホテルに単独で、大阪本館を建て替える体力はない。森トラスト側はロイヤル株で売却損や減損を余儀なくされており、大阪で100億円のサヤを抜いて、提携に幕引きを図るというのが実情ではないのか。

中之島地区の再開発が動き出す?

ロイヤルホテルが自社主導に転換した理由については、「中之島地区の再開発が動き出すのでは、という期待が大きい」(同社関係者)。

中之島再開発は1989年ごろから検討されていたが、巨額の投資資金の担い手を欠き、進展は一部にとどまる。交通の便が悪く、2008年に京阪中之島線ができたが、主要路線と接続せず、効果は薄かった。

風向きを変えたのは大阪維新の会の台頭だ。2008年ごろから、府知事だった橋下徹氏が、関西国際空港再建の起爆剤として、なにわ筋線の開発を主張。新幹線の止まる新大阪駅と、関空のアクセスを改善することで、大きな経済効果が見込めるとした。このなにわ筋線の中間駅に中之島も想定されている。

ただ、大阪の事情に詳しい、鉄道ライターの森口誠之氏は「なにわ筋線にどれだけの需要があるのか」と、その実現性に疑問を呈する。

ロイヤルホテルは業績や財務が改善したとはいえ、今回の土地買い戻しをすれば、2016年3月末の有利子負債は推計で約370億円、負債資本比率(DEレシオ)は3.7倍に達する。

二つの成長戦略を失った大阪の名門ホテル。先行きの不透明感は高まっている。

「週刊東洋経済」2015年12月12日号<7日発売>「核心リポート06」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT