関西電力の株主総会は大阪市の提案をことごとく否決も、橋下市長は「衰退産業の道を歩んでいる」と熱弁

また、1人3分の質問という株主総会の議事進行に対して、事前に大阪市が所与時間を増やして欲しいと要望していたようだ、という記者の質問に対しては、「総会の議事進行については議長の専権事項」と前置きしたうえで、「基本的には株主総会は数多くの皆様から意見、ご質問をたまわる場であるので、過去から1人3分以内、原則質問も1問、最大2問という形で実施している。大阪市といえども株主の1人として公平に対応させていただきたい」と回答した。

注目される各議案の賛否の状況については、正式には数日後に臨時報告書という形で提出、報告される。速報値については27日夜にも判明する見込みだ。


◆関西電力の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]

(水落 隆博 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT