関西電力の株主総会は大阪市の提案をことごとく否決も、橋下市長は「衰退産業の道を歩んでいる」と熱弁

橋下市長の質問は2点。1つは使用済み核燃料についてで、「再処理事業は今後も継続すると考えているか。中間貯蔵施設は増設されると考えているのか。最終処分地はいつまでに作られると考えるか」「この点は将来予測がたたない。リスクを考えていただきたい」などと説明を求めた。

また経営の将来リスクとして、「家庭用電力の自由化は2年後に実施されると考えているか」「発送電分離は2年後に実施されると考えているか」「40年廃炉のルールは確立されると考えるか」「安全基準についての上昇コストはいくらを念頭においているか」「原発が何基止まれば赤字になるということを想定しているのか」など経営陣にただした。
 これに対して関電は、1問目については白井良平常務が、「わが国はエネルギー自給率が4%と低く、さまざまなリスクがある」「原子力発電、原子燃料サイクルを、今後ともエネルギーの安定供給、エネルギー資源の有効活用の観点から重要であると考えている」などと回答。

また、2問目については岩根茂樹副社長が、「家庭用電力の全面自由化はお客様の選択肢の拡大、満足度向上に資するもので前向きに考えたい。一方で、一般電気事業者が担ってきた電気の安全・安定供給の確保、ユニバーサルサービスなどの公益性が何らかの形で確保されなければ、お客様の利益が損なわれる可能性がある」などと、個々の質問に対する会社の考え方を逐次示した。原子力の稼働基数と赤字の関係については、「合理化なども考えているが、相当の原子力が再稼働しなければ持続的、継続的な経営は難しい」と説明した。

総会終了後に行われた定例会見で、「関西電力はこのままではつぶれてしまうんではないか」という橋下市長の発言に対する意見を求められた八木誠社長は、「貴重なご意見として受け止めて、当社としてはそうしたことにならないよう、経営陣が全力をあげて経営改善、事業の発展に取り組んでいきたい」と語った。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT