シャープの株主総会は株価低迷への批判や鴻海との提携を不安視する声相次ぐ

シャープの株主総会は株価低迷への批判や鴻海との提携を不安視する声相次ぐ

6月26日、大阪市内でシャープの株主総会が開催された。議長は片山幹雄・取締役会長。出席株主数は1787人で、14人の株主が質問を行った。「取締役12名選任の件」など3つの会社提案はすべて承認された。所要時間は2時間18分だった。

冒頭、議長の片山会長が役員全員を起立させ、2011年度の業績低迷について株主に詫びた。その後、奥田隆司社長が「自前主義からの脱却」など新体制の経営方針を説明した。質疑応答では株価低迷への厳しい批判や、鴻海との提携を不安視する声が上がった。

主な質疑応答は以下のとおり。 

--鴻海のテリー・ゴウ氏がシャープの買収を検討していると報道されている。今後、鴻海との関係はどうなっていくのか。

(奥田社長)テリー・ゴウ氏とは私も片山もお互い話をよくしている。協業というのはトップどうしの打ち合わせ、実務担当どうしの打ち合わせがうまくいってこそ進む。共存・共栄・共生をモットーとしている。あのような(買収の)事実はない。

堺工場を運営するシャープディスプレイプロダクト(SDP)の社名変更、SDPの役員人事については協議をしている最中であり、今後、互いに取締役会を開いて決定する。SDPの社長については(鴻海からの派遣ではなく)シャープ側からの出向という形を考えている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。