日清食品「中国版カップヌードル」好調の理由

プレミアム路線の「合味道」がヒット

これまで香港を中心に生産・販売していた、袋麺「出前一丁」の上海向け輸出を開始する。2016年6月には、香港で袋麺の新しい生産ラインの立ち上げも予定している。

ただ、懸念材料もある。中国では景気減速のあおりを受け、現地の食品・飲料メーカーは苦戦を強いられている。

苦戦の末に中国での合弁を解消する会社も

日本では高シェアを誇る日清食品。しかし、中国のシェアはまだ6.8%に過ぎず、のびしろがある

現地の即席麺市場で46.6%とトップシェアを誇り、お菓子や飲料も手掛ける康師傅が今月16日に発表した2015年1~9月期(第3四半期)決算は、即席麺の売上高が28.5億ドル(約3500億円)と、前年同期比で約1割の減収となった。

実際に、今年に入ってから、飲料大手のサントリーHDは青島ビールと、スナック菓子のカルビーは康師傅と、それぞれ製造・販売会社の合弁を解消している。ある日系食品メーカー幹部は「中国経済減速の影響はやはり大きい」と語る。

日清食品はかつて、中期経営計画のなかで2020年度までに、海外売上比率30%超の達成を掲げている。中国事業の拡大で、今期にも同比率は20%を突破する見込みだ。減速が心配される中国市場でどこまでシェアを伸ばせるだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT