マルちゃん正麺が「瞬間風速でトップ」の波紋

東洋水産に抜かれた日清の逆襲はあるか

東洋水産の「マルちゃん正麺」(下)が一時、カップ麺市場でシェア首位に。日清は「ラ王」でどう巻き返すか

コンビニのカップ麺売り場の最上段にずらりと並ぶ、“正麺”の二文字。即席麺(袋麺・カップ麺)業界2位の東洋水産が10月5日に発売した「マルちゃん正麺カップ」が、全国小売店の棚を金色に染めあげている。複数の業界関係者によると、発売直後の週、数ある競合製品を抜き去り、カップ麺市場において、トップシェアを勝ち取ったという。

「マルちゃん正麺」は2011年末、袋麺として発売され、ノンフライ麺の一大ブームを引き起こした。ノンフライ麺とは、麺の水分を油で揚げて飛ばす代わりに、熱風で乾燥させたものを指す。油を使わないため、カロリーが低く、生麺のような食感を持つことが特徴だ。

東洋水産の後を追うように、ライバルメーカーたちは相次いで、ノンフライの袋麺を発売。日清食品の「ラ王」、サンヨー食品の「頂」がそれだ。「正麺」の登場は、それまで「カップヌードル」(日清食品)に代表される、フライ麺が主流だった即席麺業界において、“マルちゃんショック”と語り継がれるほどの衝撃だった。

ノンフライ麺ブームの再来をカップで

しかし、ここ最近、業界では「ノンフライ麺ブームは過ぎて、フライ麺に消費者が戻った」との見方が一般的である。そんな中、東洋水産は4年間の歳月をかけて開発した、カップ版の「正麺」を投入することで、ノンフライ麺ブームの復活を期待する。

「もともと9月発売の予定だった。小売店からの発注が想定を超え、供給が間に合わなくなるだろうと判断し、1カ月延期させてもらった」。そう語るのは「正麺カップ」開発者の一人、即席麺部商品開発1課の神永憲課長だ。

小売店の営業で予想以上に大きな手応えを感じたため、東洋水産は販売計画を強気に上方修正した。「本当にこんなにお客様に買ってもらえるかどうか不安だった」と、神永氏は発売開始直前の心境を振り返るが、ふたを開けてみると、それは杞憂にすぎなかった。

次ページ史上最速で100万ケースを突破
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT