日清食品「中国版カップヌードル」好調の理由

プレミアム路線の「合味道」がヒット

そして見落としてはならないのが、中国事業の成長だ。調査会社のユーロモニターによれば、カップ麺市場は日本の約4100億円に対し、中国は約6400億円と世界最大となっている。国内でシェア50%程度を握る日清食品も、中国ではシェア6.8%に過ぎない。

なぜ「合味道」はヒットしたのか

中国で販売好調な「合味道」(あいみどう)

それでも、中国事業の営業利益は2010年度の10億円から今2015年度は41億円に達する見込み。今では日清食品全体の営業利益の約17%を占めるまでに成長した。

中国の成長を牽引しているのは、日清食品が現地向けに開発した「カップヌードル 合味道」(あいみどう)のヒットだ。合味道の仕様は基本的に、日本のカップヌードルと変わらない。

現地メーカーのカップ麺の多くが、かやくやつゆが小袋に入れられているのに対し、合味道はオールインワン。お湯を注ぐだけで食べられることで、簡便さから人気を集めている。

価格は、現地メーカーのカップ麺の多くが4元程度(約75円)であるのに対し、日清食品の合味道は5元(約95円)とやや高め。販売好調の理由はプレミアム路線だけではない。

現地メーカーのカップ麺は大半がどんぶり型だが、合味道は日本で売られているのと同じ縦型。「片手で持って食べられることが珍しく、評価されている」と日清食品の広報は胸を張る。

営業所と卸店を合わせれば、日清食品はすでに中国に60カ所の拠点を構えるが、2016年4月には福建省、2017年1月には浙江省で、それぞれ即席麺の新工場を稼働させる。営業所設置エリアも、昨年末時点の30都市から、年内に33都市へと拡大する。

ユーロモニターによれば、中国における即席麺の総需要のうち、60%以上を袋麺が占めている。日清食品はカップ麺だけではなく、袋麺の販売も強化する方針だ。

次ページ逆風が吹き始めた中国市場
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT