ヤフー、最年少役員が描くメディア戦略は? 「ニュースアプリ競争」は独自記事で攻勢

印刷
A
A

また、記者会見を中継したり、特集を組んだりと、自社で取材した独自コンテンツも充実させることで、他のキュレーションアプリとの差別化を進められるだろう。

――ポータルの「Yahoo!Japan」アプリなどは、ブラウザのサービスとあまり違いがない印象も受ける。

今後はアプリならではの機能を追加していくことが重要だと考えている。各都道府県別に異なるニュースを配信することも、アプリではやりやすいので、こうした取り組みを増やしていく。

同時に、ヤフーの各アプリをシームレスに使えるようにしていくことで、利便性を高める。イメージとしては、フェイスブック(FB)とFBメッセンジャーのようなアプリ間の連携だ。飲食店の予約をしたら、路線や地図のアプリが連動し、行き方が簡単にわかるようになれば、とても便利だ。

メディア、サービスともに強化する

みやざわ・げん●1982年1月、北海道生まれ(33歳)。 東京大学卒業後、シリウステクノロジーズを創業し代表取締役に就任。モバイルSEOや位置情報に連動した広告配信を展開。 2010年8月、ヤフーがシリウステクノロジーズを買収し、その後 2011年4月にヤフーへ入社。インタレストマッチプロジェクト(現YDN)に携わる。2014年4月、執行役員検索サービスカンパニー・カンパニー長に就任。2015年4月から現職。現在、同社最年少の執行役員、カンパニー長

――PVもユニークブラウザも、スマホからの利用が過半を占め、全社を挙げて取り組んできたパソコンからスマホへの移行に一定の成果が見えてきた。次の課題は何か。

アプリでの利用を考えた場合、ヤフーのサービスが日本で最も使われているとは言えない。

ヤフーはブラウザ時代に生まれた会社だ。スマホアプリ専業で始まったスタートアップ企業とは成り立ちが違うので、どこまで「アプリ脳」にしてサービスを作っていけるか、という部分では苦労があるかもしれない。

メディアと自社サービスの連携についても途上だが、強引にECなどの自社サービスに送客しても、長続きしないのが目に見えている。各サービスがより良質になっていくことで、メディアの集客力との好循環ができていくはずだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT