渋谷は25歳「ほろ苦エリート」が選ぶ街だった

高校時代から感じ続けた敗北感

彼女は、「女子大生ブランド」を利用し、堪能しきっていたビッチでした

蓋を開けてみれば、彼女は、この「女子大生ブランド」を利用し、堪能しきっていたビッチでした。

当時、六本木ヒルズのレジデンスに、愛宕グリーンヒルズ、品川のベイエリアのタワーマンション(は、女子大生から不人気だったらしい)などで頻繁に行われていたパーティーに、入り浸っているという完全な”クロ“。

美香は、そこで見つけたカネを持った社会人の男たちと、デートだ、旅行だって、贅の限りを尽くしていたらしいです。当時、彼女の非公開のmixiを見つけてしまったときの衝撃はすごかったですね。美香は、21歳で、箱根の1人一泊5万円以上する強羅花壇に泊まっていたり、代官山の『パッション』や、リニューアル前の『ロオジエ』の料理写真をバンバン上げてましたね。

mixiには、僕が連れて行った、新宿NSビルの夜景の見える和食屋とかの記載は皆無でした。「夜景すごく綺麗だね」って目をキラキラさせて喜んでいたのに……。

僕は、給与ランキング上位の企業に絞り、就職活動を進めていくことに決めました

裏切られたというような感傷的な挫折じゃないです。「最後に愛が勝つ」といういかにもな教訓は、流行歌の戦略だったと気づいたんです。薬漬けのようにどっぶりと侵されていた自分を、「おい!死ぬぞ!」って叩き起こした感じ(笑)。

女は皆、羊の皮をかぶった狼のような、純情ぶった拝金主義者なんだと妙にすとんと腑に落ちました。

そこから、僕は、給与ランキング上位の企業に絞り、就職活動を進めていくことに決めました。美香のような拝金主義女を屈服させてやるってね。

渋谷に抱いた"劣等感"イイ女と、どう知り合う?

そんな辛酸を舐めたおかげで(?)30代で年収1000万円を超える今の会社に就職しました。現在、3年目。業績が良ければ100万以上出るボーナスを含めて、現在の年収は、約550万。僕は、夢の年収1000万円の大台の階段を着実に登っているし、会社名で得をしたかと言われたらわからないけれど、とりあえず、損をすることはなくなったと思いますよ。

次ページ拓哉が住む街、渋谷
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT