日本銀行の独立性確保は、通貨価値の安定の要

日本銀行の独立性確保は、通貨価値の安定の要

通貨価値の安定を守る最後の砦である日本銀行の独立性に危険信号が灯っている。

野党第一党の自由民主党は、4月4日の財務金融部会で日銀法改正について検討した。政局の混乱もあって議論は中断されているが、この流れは現在も途切れてはいない。

また、みんなの党は、4月10日に日銀法改正案を提出した。

一方与党民主党は、公式には「日銀法改正は不要」という立場だが、小沢鋭仁・元環境相、馬淵澄夫・元国土交通相など有力議員の中に改正を目指す動きがあり、4月19日に試案が発表されている。

改正案の要点は共通している。

それは、第一に、日銀に対して政府がインフレの目標値を命令できるようにすることである。第二に、日銀が命令に従わないか、インフレ目標が達成されない場合、命令違反あるいは努力不足として、政府が日銀の責任を追及することを可能とさせ、さらに、総裁や役員を解任する権限を政府に与えることである。

これは、日銀の独立性にとって非常に大きな脅威だ。最近こうした政治状況を象徴する出来事があった。

4月4日に任期切れとなる中村清次日銀審議委員の後任を決める政府人事案が、国会で否決されたのである。後任に指名されていたのはBNPパリバ証券チーフエコノミストの河野龍太郎氏。この人事案に自民党、公明党、みんなの党などが反対した。理由は、河野氏がこれらの政党から“日銀寄り”と見られたため。結局この人事案は参議院で否決された。

ではなぜ、日銀の独立性が必要なのだろうか。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT