米菓トップの亀田製菓が海外ライバルに挑戦状、中国で富裕層狙い《オール投資・注目の会社》

米菓トップの亀田製菓が海外ライバルに挑戦状、中国で富裕層狙い《オール投資・注目の会社》

「亀田の柿の種」「ハッピーターン」--。1957年、新潟・亀田町農産加工農業協同組合を母体として設立された亀田製菓は、数々のヒット商品を生み出し、今や国内米菓市場で30%近いシェアを持つトップメーカーだ。ただ、国内の菓子市場は停滞傾向。同社は世界へと目を向け、海外戦略に本腰を入れる。

国内構造改革が一段落 次なる「胃袋」は海外

2000年3月期、亀田製菓は創業以来初の営業赤字(単体ベース、連結では黒字)に陥った。コンビニが普及し、消費者の嗜好が多様化し始めた時期。少品種大量生産から多品種少量生産への移行の波に乗れず、商品数だけが膨らんだ。これを機に組織や製造のムダを洗い出した。06年からは柿の種など収益性の高い定番商品に経営資源を集中。11年からは味が変わらない程度に、商品ごとに使い分けていた調味料を統一化した。

ただ、国内の米菓市場はここ数年、鈍化傾向(年間販売約2500億円)。少子高齢化の影響を受けつつある。やはり、次なる大きな「胃袋」は海外に求めざるをえない。そこで、亀田製菓は現在1%に満たない海外売上高比率を、19年3月期をメドに30%まで引き上げる野心的な目標を掲げた。

重点戦略地域は欧米と新興国だ。北米では、1989年に三菱商事とともに現地のビスケット製造会社TH FOODSに出資。同社は米国人の健康志向を追い風に、コメ原料のクラッカーの売り上げをじわじわと伸ばしてきた。現在、コストコやウォルマートなど大手流通が、ポテトチップスなどの人気商品よりも高い1箱4~5ドルで販売している。類似商品がないことが強みだ。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT