米菓トップの亀田製菓が海外ライバルに挑戦状、中国で富裕層狙い《オール投資・注目の会社》

とはいえ、米菓の製造工程はほかの菓子と比べて複雑だ。たとえば柿の種は、原料のコメを蒸して餅状にし(蒸練)→成形した後、冷蔵→切断→乾燥→焼き→味付け→仕上げ乾燥と、工程が目まぐるしく移る。温度や湿度の管理も難しい。湯気の立ちのぼる蒸練工程と成形後の冷蔵工程では、工場内の温度が大きく違う。海外拡販を見据え現地生産を拡大するには、日本から製造設備の調達や技術者派遣などの対応が求められてきそうだ。

国内で培った米菓製造のノウハウを、海外で生かし切れるか。亀田製菓は4月6日に東証2部から1部に昇格したばかり。マーケットからも熱い視線が注がれる。

亀田製菓の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


(平松さわみ =オール投資2012年6月1日号)

記事はオール投資執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT