全高校/東大・京大合格者数ランキング--東大は開成が31連覇、名門公立の復活顕著

 

 

大学通信 情報調査・編集部ゼネラルマネージャー 安田賢治

 

すべての高校を含めた東大・京大合格者数ランキングを掲載した。東大合格者ランキングはほとんどが中高一貫校、京大合格者も上位4校をはじめかなりの数に上っていることがわかる。

31年連続トップの開成は、定期テストで出題された国語の問題が東大入試で出題された幸運もあって、合格者を31人増やし1998年以来14年ぶりに200人台に乗った。

このほか、10位の渋谷教育学園幕張が15人増、11位の海城が14人増、25位の豊島岡女子学園が12人増、13位の巣鴨が11人増、37位の高田が10人増だ。豊島岡女子学園は初めて女子御三家の1つ、女子学院を抜く合格者数となった。

公立では17位の千葉・県立が12人増、34位の湘南が11人増、14位の浦和・県立が10人増で、かつて東大合格者数ランキングのベスト10に入っていた首都圏の名門公立校の復活が顕著だ。

一方、京大ではトップは22年連続で洛南。中でも公立の堀川が22人増と、伸びが顕著となっている。


※次ページ以降にランキング表を掲載

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT