アナタが知らない「駅のホーム」の危険な世界

盲学校の歩行指導に同行したら見えたこと

遮断機の仕組みについてもレクチャーを受けた(撮影:大澤誠)

同校のような取り組みを他校でも実施しているか、首都圏のいくつかの盲学校に問い合わせをしてみたが、「登下校時の列車の乗り降りの訓練はやっている」という程度にとどまった。

首都圏の駅では電車がひっきりなしに行き来することを考えれば、実際の駅を使って転落時の対処法を学ぶことはまず不可能。鉄建の担当者は「当社の施設をどんどん活用してください」と、受け入れに積極的だ。

健常者には気づかないことばかり

日本盲人会連合が2011年に実施した調査によれば、視覚障害者の約4割がホームから転落した経験があるという。そもそも視覚障害者にとって、駅は危険な場所なのだ。

同調査によれば、ホームから転落した理由として「方向がわからなかった」「慌てていた」といった回答が多かった。中には「人にぶつかって、方向がわからなくなってしまった」「人をよけようとしたら、ホームの端から転落した」といった回答もあった。

東京都立文京盲学校の木村利男副校長は「当校の教員ですら、ホームから転落したことがある」と言う。木村副校長が指摘する駅の問題点は、健常者には気づかないことばかりだ。

点字ブロックがすり減っても、張り替えない駅がある(撮影:大澤誠)

点字ブロックがすり減っても、張り替えない駅があるという。健常者は色で点字ブロックの存在を知ることができるが、肝心な凸凹がすり減っていては、視覚障害者は気づきにくい。

その点字ブロックにしても、朝夕の混雑時に乗客は点字ブロックの上で整列するので、視覚障害者にとっては歩きにくい。さらに、左側通行か右側通行か、駅によって違うのもまぎらわしいという。

ホーム転落を防ぐ特効薬がホームドアであることは論を待たないが、その設置は遅々として進んでいない。JR山手線は29駅中20駅にホームドアが設置されている。が、山手線と京浜東北線が並走する区間では、山手線ホームにドアがあっても、反対側の京浜東北線ホームにはドアがない。「ホームの片側にしかドアがないのでは、視覚障害者が混乱してしまう」(木村副校長)。

国土交通省は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年まで全国800駅にホームドアを設置する目標を掲げている。だが、ホームドアは日本を訪れる外国人のために設置するものではない。2020年といわず、もっとスピード感を持って取り組む必要がある。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT