ファナック、リンゴだけじゃない再成長の芽 試される「脱・アップル銘柄」への長期戦略

印刷
A
A
稲葉社長は「特需が一部で復活する動きがある」と明言した

足元では、底打ちの兆しも出ている。10月28日に開かれた決算説明会で、稲葉社長は「スマホの特需が一部で復活する動きがある」と明言。

ボリュームはまだ過去の受注規模に至っておらず、案件についても具体的な説明をすることはなかったが、2016年に発売されるとみられるiPhone新型機向けの受注ではないか、との噂が市場で広がっている。

それでも、ファナックは今期業績の見通しについて、営業利益で2184億円(前期比46.7%減)とわずかな額を上方修正するだけにとどめた。世界シェア5割といわれる工作機械用のNC(数値制御)装置とサーボモーターを展開する主力のFA事業部門が、中国経済の減速の影響を受けて落ち込んでいるからだ。失速は台湾や韓国向けにも波及しており、スマホ向けの特需を打ち消す結果となった。

唯一気を吐くロボット事業

厳しい状況が続いている中で、唯一好調が続いているのがロボット事業だ。同部門の売上高は2010年度の779億円から、2014年度は1819億円へと着実に伸長。2015年度も4~9月累計で923億円と、前年同期比で24%増となっている。主力の米国・欧州向けが好調なうえに、中国などアジア向けでも活発な需要が続いており、「四半期ベースで過去最高を記録するなど絶好調」(稲葉社長)だ。

ロボドリルなどのロボマシン事業は、スマホの新製品の動向に影響を受けやすい。FA事業も設備投資の動き次第で、景気動向に左右される。そうした中で、工場の自動化需要は景気の動きとは関係なく、今後も拡大するとみられている。世界最先端の産業ロボットを生産するファナックにとっては当然追い風だ。

将来への布石も打っている。同社のロボットの生産能力は月間5000台。業界でも類を見ない生産能力を持っているが、現在の生産台数は月産4000台とかなり逼迫した水準に達している。そのため、「ロボットの新たな生産設備の検討も視野」(稲葉社長)に入れているという。

2016年4月の完成を目指して栃木県壬生町で建設している工場はFA事業向けだが、まだ用地が残っており、ロボット生産工場を建設する可能性はある。本社周辺などに建設する選択肢もあるだろう。

技術面では、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)に力を入れる。9月には、機械が自ら学習・最適動作を見つける機械学習や深層学習(ディープラーニング)の開発で最先端の技術を持つベンチャー企業、プリファード・ネットワークスに出資し、発行済み株式の6%を取得。「ロボットや工作機械の知能化は進む。AIについて全力で取り組んでいく」(稲葉社長)方針だ。

5月に実施した東洋経済のインタビューで「自動化・ロボット化で自由に使える時間が確保できる。それを使って人生を楽しんでいただけたなら」と理想を語っていた稲葉社長。ロボット事業の成長には、社長の夢の実現だけでなく、ファナックが次のステージに飛躍できるかが懸かっている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT