アコーディア“お家騒動”で新展開! 今度は「株主委員会」が役員入れ替えを提案

アコーディア“お家騒動”で新展開! 今度は「株主委員会」が役員入れ替えを提案

ゴルフ場所有・運営最大手級のアコーディア・ゴルフで、今度は大株主らが「株主委員会」を設立し、6月の株主総会に向けて、取締役と監査役の候補者を株主提案した。専務による社長の“疑惑”告発をきっかけに火を噴いた同社の“お家騒動”が、経営権をめぐる争いに発展しそうだ。

そもそも騒動の発端は4月17日、同社の秋本一郎専務が「一部大株主から、竹生道巨社長によるコンプライアンス違反の疑惑が指摘された」と告発したこと。秋本専務が会見で説明した竹生社長の疑惑とは、会社財産(5千数百万円程度)の私的流用と、取引業者からの私的な便宜供与の受領(731万円)。いずれも竹生社長の親密な女性がからんでいる、と秋本専務が主張したことから、東証1部上場企業社長の“スキャンダル”に株式市場が反応。翌18日に同社株は一時ストップ安をつけた。

それから10日経った4月26日夕方、アコーディア・ゴルフ株主委員会の代理人として、都内で記者会見を開いたのは中川秀宣弁護士(写真左)と山口孝太弁護士(同右)。両弁護士は、17日に秋山専務が開いた告発会見の際にも同席していた。

26日の会見の席で中川弁護士は、同日付で株主委員会を設立したこととともに、同委員会が会社側に対して株主提案を行ったことを明らかにした。株主提案の内容は、6月の株主総会において、株主委員会が推す取締役候補者8名と監査役候補者3名を選任するよう求め、なおかつ、現取締役である竹生社長、鎌田隆介副社長、鈴木隆文取締役、そして片山典之・社外取締役の再任に反対するものとなっている。

このうち社内取締役の候補者は秋本専務のほか、同社執行役員の杉田勝幸氏および野中貞徳氏、経営企画本部副本部長の田中理氏の4名。社外取締役候補としては、元最高裁判事の才口千春氏、元金融庁長官の日野正晴氏(セブン銀行社外監査役やフジタ社外取締役を現任)らが名を連ね、また、監査役候補には元検事総長の大林宏氏らが挙げられている。

「候補者には短時間で承諾をもらった」と中川弁護士は説明するが、今回の株主提案には周到な準備があったことも伺わせる顔ぶれとなっている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT