アマゾンがシアトルで初の書店実店舗を開設

ネット書店がリアルへと展開

 11月2日、米アマゾンは、書店「アマゾン・ブックス」の同社初となる実店舗を3日にシアトルで開店すると明らかにした。写真はシアトル市内、2014年3月撮影(2015年 ロイター/Jason Redmond)

[2日 ロイター] - 米アマゾン<AMZN.O>は2日、書店「アマゾン・ブックス」の同社初となる実店舗を3日にシアトルで開店すると明らかにした。価格は通販サイトAmazon.comと同じだという。

品揃えは、Amazon.comでの顧客レーティングや予約などを基に選定。書評を掲載するソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)のグッドリーズ(Goodreads)や、キュレーター(学芸員)による評価も参考とする。

店舗の所在地はシアトルのショッピングモール「ユニバーシティ・ビレッジ」で、感謝祭(サンクスギビング)とクリスマスを除き年中無休。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。