ウォルマートの価値は、アマゾン以下なのか

株式時価総額でついに逆転

ウォルマートは、ユーザー体験を向上させることで、「スーパーマーケット離れ」を食い止めようとしている(写真:ロイター/アフロ)

世界最大のスーパーマーケットチェーン「ウォルマート」は劣勢に立たされている。Amazonなどのeコマース勢が急成長を遂げるなか、大型店舗によるディスカウントというモデルの将来性が疑われるためだ。

そこで、ウォルマートはAmazonがもたないリソースに注目した。世界中に散らばる1万1000の実店舗だ。オンライン、店舗をまたいだユーザー体験(ユーザー・エクスペリエンス)を向上させることで、「スーパーマーケット離れ」を食い止めようとしている。

売り上げが5分の1のAmazonに時価総額を抜かれる

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

1999年の段階でAmazonの売り上げは16億ドル(約1920億円)、ウォルマートは1380億ドル(約16兆5000億円)と86倍の差がついていた。しかし、15年後の2014年にAmazonは売り上げを54倍の890億ドルまで伸ばした。ウォルマートはグローバル展開で売上を1999年の3倍となる4860億ドルまで伸ばしたが、eコマース事業「ウォルマートコム」はこのうちの2.5%に過ぎない122億ドルに留まった。

市場はこの点から、はるかに売り上げの大きいウォルマートを時代遅れとみなし、Amazonのビジネスモデルを賞賛している。2015年7月、Amazonの時価総額が初めてウォルマートを超え、10月22日現在では700億ドルも上回っている。Amazonの株価は2015年内で70%上昇、ウォルマートの株価は30%下落し、明暗がわかれた。

その背景には、急速なeコマースの拡大が挙げられる。市場調査メディア「eMarketer」(2014年12月予測)によると、2018年までに全世界でのeコマースの売上は2兆4890億ドルまで増加し、小売業界の売上の8.8%になると予測されるという。

次ページウォルマートが始めたサービスとは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT