ウォルマート「バイ・アメリカン運動」の難題

「製造回帰キャンペーン」で起きていること

独立記念日には、ウォルマート店舗内に星条旗がはためく(写真:AP/アフロ)

[アーカンソー州・ベントンビル(ロイター)]- デトロイト・クオリティ・ブラシーズという会社がある。この会社は、その名前が示すとおりの事業を営んでいる。つまり、デトロイトにおいて高品質のブラシを製造しているのだ。

ブラシ製造業者は以前は数多くあった。合衆国内だけで18もの競合がひしめいていたが、現在はたった3社となっている。

同社でマーケティングとセールスの責任者を務めるジョン・アブゴウスティスは言う。「誰が、競合を廃業に追いやったのかといえば、ウォルマートだ」と彼は言う。

ウォルマートが米国製品の取り扱いを強化

7月6日、そのアブゴウスティスは、ウォルマートの小さな会議室にいた。この日、アメリカ製の商品をプレゼンするために米国中の製造企業から約2000人のエグゼクティブがウォルマート本社に出張しており、アブゴウスティスは、その中の一人だった。

ウォルマートが開催した「2015年米国製造サミット」は、メーカーが米国内で製造したものを小売のジャイアントに提案できる絶好のチャンスだと宣伝されていた。同時に、米国の製造業への支援策、低価格化一辺倒でドライブしてきたトレンドの転換について、ウォルマートのエグゼクティブからアドバイスを得ることを期待していた。

しかし、このイベントは米国への製造回帰を試みている企業が直面している困難さを強調することになった。安いエネルギーと中国の人件費の上昇は米国製造業の雇用安定に役立っているが、1990年当時と比較して工場で働く米国の労働者の数はおおよそ500万人も少ない。明らかに労働力不足なのだ。

サミットに参加したウォルマートのベンダーには難題があった。いわゆる”アメリカ製”の商品とは何なのか、だ。ウォルマートは、国内で最終組立てをしているだけではなく、部品から製造していることを立証することを求める。しかし、サミットに参加した数社は「輸入部品や資材に頼らざるを得ない」と説明する。かつて米国に存在していたサプライヤーが海外の競合商品の台頭により事業を畳むことになったからである。

次ページウォルマートは、なぜ米国製品強化を始めたのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT