グーグル、ドローン配送を2017年に開始へ

高度152メートル以下を飛行

 11月2日、米グーグルの持ち株会社であるアルファベットは、ドローン(無人機)による商品配送を2017年に開始する見通しを明らかにした。写真はグーグルのロゴ、チューリヒで4月撮影(2015年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[ワシントン 2日 ロイター] - 米グーグルの持ち株会社であるアルファベット<GOOGL.O>は2日、ドローン(無人機)による商品配送を2017年に開始する見通しを明らかにした。

アルファベットの「プロジェクト・ウイング」の責任者であるデービッド・ボス氏によると、同社は米連邦航空局(FAA) や他の関係者らとの間で、ドローンを対象とした航空管制システムの立ち上げについて協議中だという。このシステムは、携帯電話やインターネットの技術を利用して、高度152メートル以下を飛行するドローンの航路などを制御する。

FAAはドローンの商業利用についての最終報告を来年前半に公表する予定で、ドローンによる配送ビジネスの開始はこれ以降になる見通しだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT