農業にも、ドローンやセンサーの時代が来た

企業・自治体・大学がタッグ、最新IT農業事情

農業のハイテク化がどんどん進んでいます(写真:nob baba / PIXTA)
佐賀大学農学部と佐賀県、ソフトウエア開発の「オプティム」(本店・佐賀市、菅谷俊二社長)は8月、IT農業推進で協定を交わした。
ドローンやウエアラブル(身に着けられる)端末など最新機器を駆使し、農作業の省力化や生産物の高品質化を目指す取り組みで、2、3年後の実用化を目指している。
計画の概要やIT農業のメリット、今後の課題などについて、渡邉啓一・佐賀大学農学部長に聞いた。

 

ベテラン農業者の技術をデータとして蓄積

当記事は佐賀新聞LIVEの提供記事です

――なぜ今、IT農業なのか。農業の現状をどう見ているか。

少子高齢化で、農業の担い手が減少しているのが大きな問題。それによって耕作放棄地がどんどん増えている。このままでいくと、日本から農業が消滅してしまうという非常に危機的な状況だ。

解決のためには若手や企業などが農業に参入しやすい状況が必要で、初心者が就農するための障害を減らすのがIT。高齢化する農業者の労力を減らすことも目標にしている。また、技術やノウハウの伝承も大きな問題と考えており、ベテラン農業者の技術をデータとして蓄積し、誰もが必要な時にアクセスできるようにしたい。

――IT農業推進協定における3者の役割分担は。

佐賀大と県は協力しながら、大学付属の農場や県の農業試験場などで技術開発に必要なデータの収集と解析を行う。データの収集に必要な機器やプログラム、システムなどの開発はオプティムが担当する。

佐賀大の重要な役割としては人材育成がある。ITを駆使した農業を学び、将来の農業のリーダー的人材を育てる。ただ、センサーやドローンなどの改良は機械メーカーなどの力が必要になるし、農業現場をよく知るJAの協力も不可欠。さまざまな人たちに参加してもらい、開発の速度を上げていきたい。

次ページ人為的管理の「スマート農業」とは別物
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。