日経平均はじわじわ上値を窺う展開になる

専門家の憶測を排し「事実」に目を向けよ

中国はすでに世界第2位の経済規模を誇っているので、悪化の影響がゼロということはありえない。しかし市場は、悪影響の度合いが見えにくいため、とりあえず最悪のシナリオを織り込みにいった感が強い。それは単に中国関連というだけではなく、広く外需系企業に及んだようだ。

最近、特徴的な動きを見せた個別銘柄を挙げよう。たとえば米国のアップル。最近のアップル株は、終値ベースで10月23日(金)に119.08ドルの戻り高値を付けたあと、同社の中国関連収益が不安だとして、10月27日(火)まで続落し、同日は114.55ドルまで3.8%下落して引けた(ザラ場では、一時114ドル割れ)。

下押ししていた工作機械株が上昇

しかし、その日の引け後に発表された同社の7~9月期の決算内容が売上高、純利益ともに過去最高を更新し、しかも中国での売上高がほぼ倍増した(iPhone新モデル投入効果)ことから、市場に安心感が広がった。その結果、翌28日(水)は119.27ドルと、前日比4.1%の大幅反発となった。

日本ではファナックやオークマといった、工作機械メーカーが該当する。両社を含む工作機械株には、中国をはじめとする海外景気悪化懸念が重くのしかかっていた。そのため、ファナックは10月27日(火)に1万9930円まで下押ししていた。ところが、同日に今期の業績予想を上方修正したため、翌28日(水)は株価が2万0865円と前日比4.7%上昇し、週末にかけても続伸している。オークマも10月28日(水)に直近の安値881円で引けたが、同日引け後にやはり今期見通しを上方修正し、年間配当も増額したため、29日(木)は962円で引けた(前日比9.2%高の急騰)。

両社とも、決して中国関連ビジネスが好調というわけではない。ただ、市場は中国経済悪化の影響を極めて深刻だと懸念していたが、思っていたよりも企業収益の実態はマシだった、という好例だ。

次ページ様子見の口実が多い週
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT