アニメでも実写でもいちばん大事なのはストーリーです--映画『ジョン・カーター』アンドリュー・スタントン監督

--作品作りで難しかった点はありますか。

大変だったのは、ピクサーという居心地のいい環境から出て、新しいグループの人たちと仕事したこと。まるで新しい友達を作らなくちゃいけない転校生のよう。でもそれはかなり刺激があったし、創作的に触発される部分や学べることもありました。

--次回作の構想は? また実写をやりたいですか。

今、2つ、3つ考えているものがあって、全部同時進行で、どれになるか今は決めかねています。どれになるとしても、ピクサーで作ることになるでしょう。
 
 誤解があってはいけないのですが、私は、ピクサーを離れたわけではなく、ピクサーにまだ所属しています。ピクサーは、私の家というか、ファミリーでもあります。ただ今回、非常に刺激を受けたし、いろんなことを学びました。ピクサーのプロジェクトを抱えながらでも、新しいことにもどんどん挑戦したい。

アニメーションでも実写でも、いちばん大切なのはストーリーだと思っています。だから、私にとっては作品の形態はどちらでもいい。気持ちとしては、両方やりたい。だから次がアニメになるかもしれないし、実写になるかもしれない。どちらにしても、ストーリーを一番にしたいと思っています。

Andrew Stanton
 1965年マサチューセッツ州生まれ。カリフォルニア芸術大でキャラクター・アニメーションを学ぶ。90年ピクサー・アニメーション・スタジオに参加。96年、『トイ・ストーリー』に共同脚本として参加。『トイ・ストーリー2』『モンスターズ・インク』の脚本を務め、2003年、『ファインディング・ニモ』で監督デビュー。ピクサーに初のアカデミー賞長編アニメ賞をもたらす。その後、『レミーのおいしいレストラン』(07/製作総指揮)、『ウォーリー』(08/監督・共同脚本・原案)、『カールじいさんの空飛ぶ家』(09/製作総指揮)、『トイ・ストーリー3』(10/共同脚本)などを手掛ける。ピクサーの副社長でもあり、同社の全アニメーション作品の指揮・監修を担当。

(聞き手:宇都宮徹 撮影:引地信彦 =東洋経済オンライン)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。