アニメでも実写でもいちばん大事なのはストーリーです--映画『ジョン・カーター』アンドリュー・スタントン監督


 
 アニメと実写はまったく同じようなものです。フレームの中にどういう構成でショットを作るか、ストーリーの人間関係をどうするか、どんな美術にするか、そういう点は同じです。

でも、大きな違いは、体力的なこと。100日間ほぼ毎日立ちっぱなしでスタミナが要りました。アニメーション制作は銀行で働くようなもので、月曜日から金曜日の朝10時から夜6時まで、そしてほとんど座っているのに対し、いろんな制約のある中で撮影しなければならない。体力面での違いはあります。

もう1つの違いは、「瞬時の決断」です。アニメーションは、すべてを計画し尽くします。瞬時に素早く決断することは、アニメーションではなかった。「アニメーターにとって、瞬時に全部決めるのはフラストレーションにならない?」と言われましたが、オフがないというか、つねにオンの状態に、逆に私は興奮しました。

--CGを極力抑えたというふうに聞いていますが、その理由を教えてください。

私は、映画全体を信じられる世界、信じられるものにしたかった。だから、実際にそういう場に行くっていうことを大事にしました。見ている観客も、なんかそこにいるような気持ちにしたかった。
 
 緑のスクリーンの前で演技をして、あとで全部CGを入れ込む手法もありますが、非常に人工的に見えてしまい、観客にもそれが伝わります。なんか冷たい感じになる。
 
 だから砂漠に行き、役者に竹馬に乗ってもらって、実際に目と目を合わせて演技することを大事にしました。それは編集段階でも役立ちました。


©2011 Disney. JOHN CARTER(™) ERB, Inc.

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。