公立新設校が躍進、名門私立を脅かす存在に

本当に強い中高一貫校

 

 

小石川、両国……。かつて「ナンバースクール」と呼ばれた都立の伝統高校が中高一貫校に姿を変えて、復活してきた。「第2次ブーム」といわれた私立一貫校の受験ブームがちょうど終わりを告げたタイミングであり、私学側には「民業圧迫」との声も少なくない。

「都立は当初は2校の予定だったが、知事さんに強い思いがあったのか、区立も含めて11校に増えてしまった」と教育関係者は振り返る。

そもそも公立中高一貫校はゆとり教育の一環から1999年以降生まれてきた学校だ。高校受験をせず、同じ学校で6年間を過ごすことのできる中高一貫校は「反受験」が基本であり、たとえば東京大学への入学を目標に置く、私学の難関一貫校とは競合しないはずだった。それはまた公立一貫校に対する私学の見立てでもあった。

ところが実際に計画が動き出すと、都立を中心に公立一貫校は“独走”を始める。「都がね、中高一貫で東大に学生を入れる学校を作るんですよ」。東京都の担当者は周辺にそう説明して回ったという。その構想が現実の姿となったのが昨年春。都立白鴎の1期生から東大に5名の合格者が出た。私学関係者の間で「白鴎ショック」と呼ばれたのが、5名という数字の重さを物語る。それに続く小石川や桜修館も今年、東大に卒業生を送り込む。

まさにエリート育成校であるが、それでいて授業料は安い。受験生を持つ親が飛びつかないわけはない。当初の受検倍率は17倍などにハネ上がった。最初は宝くじ感覚で受けていた受検生も多かったという。「今は平均で7倍から8倍。それでも2倍から3倍の私立に比べれば高いが、2~3年かけてじっくり挑む生徒が増えてきた」と大手進学塾、市進の原園明宏教育本部長は話す。

厳しいのは私立一貫校である。私立中学受験者はなだらかに減少を続けている。リーマンショックや東日本大震災が私学にはより強い逆風になった。上位難関校の一角でさえ、志願者減に見舞われている。「下位校はもっと大変。1回の試験で定員を集めることができないので、数回試験を行うが、それでも補充できないケースが多い」(学習塾関係者)。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。