キリン“三宅王国”完成、求められる経営の成果

サントリーとの統合交渉が破談になった直後、加藤前HD会長からHD社長の地位を譲られた三宅氏は、営業畑でトップ級の成績を挙げることで出世してきた。ただ、02年にキリンビール役員になって以降、大きな功績を残せずにいる。HDに移行した07年、ビール社長に就任し、自ら営業部門の最高責任者を兼務して会社創立100周年を記念する大型商品「キリン・ザ・ゴールド」を立ち上げたが、パッとしないまま09年には販売は終了した。

業績不振、買収の不手際、株価の低迷もあり、「本来なら三宅さんが責任をとるべきところを、事業会社の二人に責任をとらせた」「若い新米社長を二人従えて、事実上の三宅王国だ」などの批判が社内外で噴き出している。

松沢氏は、「できることはやり切った。歴史とは後世の人たちが決めるものであり、私への評価も後世の人たちが決めればよい」とだけ話し、前田氏はコメントを控えている。

長期目標への道筋つけ批判を封じられるか

2月に発表した12年12月期予想は増収増益を見込んではいる。ただし、震災影響がなくなることに加え、大金を投じた買収案件が乗るため、増収増益は当たり前。むしろ、中期経営計画に掲げる12年の数値に多くが届かない(表)ことで、失望感が先行している。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT