独VW、不正車保有者に新車値引きを検討

新車売れずテコ入れ策

 10月26日、関係者が明らかにしたところによると、独フォルクスワーゲン(VW)はドイツ国内の顧客を対象に、排ガス不正対象車を下取りに出した場合、新車を値引き販売する可能性がある。9月撮影(2015年 ロイター/Imelda Medina)

[ベルリン 26日 ロイター] - 独フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>はドイツ国内の顧客を対象に、排ガス不正対象車を下取りに出した場合、新車を値引き販売する可能性がある。関係筋が明らかにした。

これはVWが現在検討している販売てこ入れ策の1つで、旧型車の買い戻しを目的とするディーラーへの販売奨励金や低金利融資などの案も浮上しているという。

ソフトウエアの更新だけでなく部品交換が必要な排気量1.6リットルのディーゼルエンジン車の所有者が主な対象となるもようだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。