東芝、ソニーにイメージセンサー事業売却へ

200億円規模

10月24日、東芝(写真)が、半導体のイメージセンサー事業をソニー<6758.T>に売却する方向で最終調整に入ったことがわかった。9月撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 24日 ロイター] - 東芝<6502.T>が、半導体のイメージセンサー事業をソニー<6758.T>に売却する方向で最終調整に入ったことがわかった。メモリーを除く半導体事業の構造改革の一環。複数の関係筋によると、売却額は200億円を軸に調整し、近く合意する見込み。

液晶テレビ、パソコン、白物家電の収益力低下と同時に、半導体事業のシステムLSIとディスクリートは、いずれも構造改革の対象。イメージセンサーはシステムLSI事業の一部で、大分工場(大分市)で生産。2004年に建設した最新鋭の直径300ミリウエハーに対応する製造棟を売却する。これにより東芝は、イメージセンサー事業から事実上撤退する。 イメージセンサーはスマートフォン(スマホ)などのカメラに使う半導体部品で、ソニーにとっては強化領域。生産能力増強を進める中で、東芝の大分工場の生産ラインを買収することにした。大分工場の製造設備では、スマホやデジタルカメラ向けのほか、自動車向けセンサーの生産も手掛けており、ソニーは顧客を引き継ぐ。 東芝の半導体事業は、NAND型フラッシュメモリーを生産する四日市工場(三重県四日市市)の能力を増強している一方で、それ以外を構造改革の対象としている。システムLSIとディスクリートは、大分工場のほか、姫路工場(兵庫県太子町)、加賀東芝エレクトロニクス(石川県能美市)、岩手東芝エレクトロニクス(岩手県北上市)で手掛ける。今回の売却交渉は、大分工場の一部だけが対象で、引き続き半導体事業の見直しを進める。

 

 

(村井令二)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT