アンテナショップが続々、菓子メーカーの新戦略


日本の菓子メーカーはアンテナショップを出店することで、「どういう味が顧客に受け入れられるのかを探り、マーケティングに生かす」(カルビーの平川功執行役員)考えだ。これまでは売れ筋商品の分析をするのに、小売りの販売データが上がってくるのを待っていた。が、自社で店を持てば消費者の反応をすぐに確かめられるため、売れ筋商品の素早い供給や新商品開発などにも生かせるようになる。また、「顧客の目の前で商品を作り、ブランドの安心感を訴求したい」(江崎グリコ・マーケティング部の山崎雅夫氏)という狙いもある。

今後も厳しい競争が予想される中、顧客を囲い込む武器にできるか。

カルビーの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


(平松さわみ =週刊東洋経済2012年4月7日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。