ミクシィが新規参入、SNS通販は稼げるか

米国では撤退企業も

だが最近は、ソーシャルコマースの難しさも明らかになっている。米国ではアパレルのギャップや小売りのJCペニーなどがFB上の店を相次いで閉鎖した。ソーシャルメディアのコンサルティングを手掛けるエイベック研究所の武田隆社長は、その理由を「FBやミクシィは個人が社交する場所。企業がそこに土足で踏み込むことに抵抗感を持つユーザーは多い」と指摘する。

SNSに企業紹介ページを開設している日本の小売り大手も「SNSで商品を売ろうとするとユーザーに嫌われる。商品を売るなら普通のネット通販のほうが楽。SNSはファンを増やすためのコミュニケーションの場と割り切っている」と言う。

企業にとってSNSの抱える多くの会員は魅力。今後も出店は増えるだろう。だが、SNSの良さを生かしながら通販ビジネスを拡大するのは、容易ではなさそうだ。

ミクシィの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


(二階堂遼馬 =週刊東洋経済2012年4月7日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 静かなる熱狂
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。