米本社の翼に乗ったキャタピラー日本法人--三菱重工との合弁を完全解消

米本社の翼に乗ったキャタピラー日本法人--三菱重工との合弁を完全解消

世界最大の建機メーカー、米キャタピラーは4月2日、三菱重工業が保有していた日本法人・キャタピラージャパン(本社・東京都世田谷区)の株式(保有比率33%)をすべて取得する手続きを完了した。

同日をもって、キャタピラージャパンはキャタピラーの完全子会社になった。今後、キャタピラージャパンの組織はキャタピラーの既存の部門に統合され、米国本社の決定事項が今までに増して迅速に実行できるようになる。

4月2日、キャタピラーは都内で会見を開き、キャタピラーのリチャード・ラヴィン成長市場グループプレジデント(=タイトル横写真の人物=)、アリ・バハジ・キャタピラージャパン会長、竹内紀行キャタピラージャパン社長の3人が出席した。

アリ・バハジ・キャタピラージャパン会長(=上写真=)は「今回の完全子会社化は、何年もかけて考えられた戦略だ」と話す。キャタピラーが日本に進出したのは1963年。当初は三菱重工との折半出資の合弁会社、キャタピラー三菱として日本市場に乗り込んだ。その後87年に新キャタピラー三菱と社名を変更。今回の完全子会社化につながる動きは、2008年にキャタピラーが出資比率を67%まで引き上げて主導権を握り、社名をキャタピラージャパンと変更したときからすでに始まっていたのだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。