米本社の翼に乗ったキャタピラー日本法人--三菱重工との合弁を完全解消

米本社の翼に乗ったキャタピラー日本法人--三菱重工との合弁を完全解消

世界最大の建機メーカー、米キャタピラーは4月2日、三菱重工業が保有していた日本法人・キャタピラージャパン(本社・東京都世田谷区)の株式(保有比率33%)をすべて取得する手続きを完了した。

同日をもって、キャタピラージャパンはキャタピラーの完全子会社になった。今後、キャタピラージャパンの組織はキャタピラーの既存の部門に統合され、米国本社の決定事項が今までに増して迅速に実行できるようになる。

4月2日、キャタピラーは都内で会見を開き、キャタピラーのリチャード・ラヴィン成長市場グループプレジデント(=タイトル横写真の人物=)、アリ・バハジ・キャタピラージャパン会長、竹内紀行キャタピラージャパン社長の3人が出席した。

アリ・バハジ・キャタピラージャパン会長(=上写真=)は「今回の完全子会社化は、何年もかけて考えられた戦略だ」と話す。キャタピラーが日本に進出したのは1963年。当初は三菱重工との折半出資の合弁会社、キャタピラー三菱として日本市場に乗り込んだ。その後87年に新キャタピラー三菱と社名を変更。今回の完全子会社化につながる動きは、2008年にキャタピラーが出資比率を67%まで引き上げて主導権を握り、社名をキャタピラージャパンと変更したときからすでに始まっていたのだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT