福島第一原発──真相と展望 アーニー・ガンダーセン著/岡崎玲子訳

福島第一原発──真相と展望 アーニー・ガンダーセン著/岡崎玲子訳

原発事故をめぐり、諸外国の専門家から的確な分析と警告が公表されている。

著者は、一、二号機よりも、むしろ「臨界が起きた三号機」「格納されていない炉心を抱えた四号機」の潜在リスクに注目する。三号機は、建屋カバーを設置することはなかなかできず、まだ一日当たり数十億ベクレルの放射性物資が炉心や核燃料プールから立ち上る。四号機の場合は、プールに炉心数個分の使用済み核燃料が入っている。これが常温近くになるには3~4年かかり、また傾いた建屋からどう運び出すか。

事故の直後にレベル7を見抜いた米専門家が、福島第一原発の深刻な現状、「隠された」事故の真因を明らかにし、安全な未来への糸口を探る。

集英社新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。