フォルクスワーゲン、臨時雇用の削減を検討

排ガス不正問題関連費用の増大に対応

 10月17日、独フォルクスワーゲン(VW)は、排ガス試験不正問題に関連したコストに対応するため、臨時雇用社員の削減を検討している。写真は同社の本社。7日撮影(2015年 ロイター/Axel Schmidt)

[ベルリン 17日 ロイター] - 独フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>は、排ガス試験不正問題に関連したコストに対応するため、臨時雇用社員の削減を検討している。従業員側の組織である労働評議会の関係者が17日、明らかにした。

労働評議会のスポークスマンは、臨時雇用職を保持する取り組みを支援する方針を示したものの、経営陣が「異なるシナリオ」について討議していることを認識していると述べた。

VWは「雇用が一時的に減少すれば、就業時間の短縮が妥当な選択肢になる」としたうえで、経営側として雇用保持に全力を挙げていると表明した。

今回の不正問題を受け、すでにVWは投資計画の縮小方針を示している。アナリストの間では、リコール(回収・無償修理)費用や当局への罰金支払い、訴訟への対応にかかる負担は350億ユーロ(400億ドル)に上るとの試算がでている。

独ビルト紙は、メルケル政権がVWの臨時雇用社員6000人を政府の短時間労働制度(Kurzarbeit)に転籍させることが可能か検討していると伝えた。この制度を利用すれば、工場の稼動率が低下するなどした場合も雇用が維持される。

今のところ、政府報道官のコメントは得られていない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。