フェイスブックの上場で億万長者となる中国人たち

フェイスブック(FB)に4年間勤めた王淮さんはミニブログでこう書いている。「本日、私はとても誇らしく思う。私も起業に参加した会社が、株式公開の内容が公表されると、米証券取引委員会(SEC)のウェブサイトにアクセスが集中、パンクさせたからだ」。

浙江大学を卒業して米国留学し、2007年4月にフェイスブックに就職した王さんは、同社で2番目の中国本土出身者だ。エンジニアからスタートして、まもなく研究開発部門のリーダーになり、詐欺を防ぐ分野で独自の技術を創り出した。11年10月にフェイスブックを退職し、現在は中国国内でエンジェル投資家として活躍している。

多くのベンチャー企業と同じく、フェイスブックは創業したばかりの頃に、会社の株を従業員に配分した。今回の新規上場によって、その従業員たちの多くが億万長者になっていく。

王さんの話によると、07年7月に入社した従業員には、会社からストックオプションが配付され、その後の従業員には、制限付き株(Restrict−ed Stock Unit)が配付されたという。

「ストックオプションをもらった人のうち、一部の人はすでに会社から離れた。非上場株のオンライン取引サービスを行う米シェアズポストでは、フェイスブックの株価が38ドルになっている。株式を公開する前に、フェイスブックの時価総額はすでに900億ドル超に上ったこととなる」と王さんは明かす。まるで、04年のグーグル、20年前のアメリカ・オン・ライン(AOL)の上場のような熱気に包まれている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT