フェイスブックの上場で億万長者となる中国人たち

フェイスブック(FB)に4年間勤めた王淮さんはミニブログでこう書いている。「本日、私はとても誇らしく思う。私も起業に参加した会社が、株式公開の内容が公表されると、米証券取引委員会(SEC)のウェブサイトにアクセスが集中、パンクさせたからだ」。

浙江大学を卒業して米国留学し、2007年4月にフェイスブックに就職した王さんは、同社で2番目の中国本土出身者だ。エンジニアからスタートして、まもなく研究開発部門のリーダーになり、詐欺を防ぐ分野で独自の技術を創り出した。11年10月にフェイスブックを退職し、現在は中国国内でエンジェル投資家として活躍している。

多くのベンチャー企業と同じく、フェイスブックは創業したばかりの頃に、会社の株を従業員に配分した。今回の新規上場によって、その従業員たちの多くが億万長者になっていく。

王さんの話によると、07年7月に入社した従業員には、会社からストックオプションが配付され、その後の従業員には、制限付き株(Restrict−ed Stock Unit)が配付されたという。

「ストックオプションをもらった人のうち、一部の人はすでに会社から離れた。非上場株のオンライン取引サービスを行う米シェアズポストでは、フェイスブックの株価が38ドルになっている。株式を公開する前に、フェイスブックの時価総額はすでに900億ドル超に上ったこととなる」と王さんは明かす。まるで、04年のグーグル、20年前のアメリカ・オン・ライン(AOL)の上場のような熱気に包まれている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT