中国2大動画サイト「優酷網」と「土豆網」が突如合併、小さくない日本のコンテンツホルダーへのインパクト


中国のインターネット利用者は11年末の段階で5億1300万人(CNNIC[中国インターネット情報センター]調べ)。そのうちの63.4%、3億2531万人が動画サイトを利用する。家で固定回線を利用するインターネット利用者の9割以上がADSLを中心にブロードバンドを利用しており、家で動画をストリーミングで見るほか、あらかじめノートPCやタブレットPCにダウンロードしたうえで、空港や電車内など移動中や出先で動画を見ている。
 
 パソコンの普及によりインターネットカフェ利用者は横ばいとなっているが、インターネットカフェをのぞいてみれば、ゲームで遊ぶ人か動画を見ている人かに分けられるほど、中国人にとって定番の娯楽の1つとなっている。


ダウンロードした動画を楽しむ中国人旅行客

中国人にとっての動画サイトの実情について前述のCNNICから調査リポートがあがっている。それによると動画サイトで普段見るコンテンツ(複数回答可能)は「映画(92.6%)」「テレビドラマ(87.2%)」「ニュース(74.5%)」「放送中のテレビコンテンツ(67.8%)」「スポーツ中継(58.3%)」「アニメ(51.1%)」「一般人撮影のオリジナル動画(29.6%)」となっている。
 
 また動画サイト利用者がテレビドラマを見るなら66.5%が動画サイトを選び、テレビを選ぶのは24.7%、海賊版・正規版問わずDVD購入は7.6%にとどまる。動画コンテンツにおカネを払いたくないという人は72.9%に及ぶ。

つまり「動画を見たいと思い立ったらいつでも見られる動画サイトで。それも無料じゃないと見る気がしない」というのが、今どきの中国視聴者の実態である。また「コンテンツは無料であるべき」という考えは、動画だけでなく音楽、ゲーム、小説に至るまで、インターネット利用者の中に根付いている。

高騰した版権価格も沈静化へ

「動画は無料、コンテンツは無料」という消費者のニーズに応え、登場当初は海賊版の動画が多数公開されていた「優酷網」や「土豆網」などの中国の動画サイト。その商習慣に変化を与えたトリガーは08年の北京オリンピックだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT